市役所や県職員の中途採用試験

面接対策と効率の良い勉強方法

公務員中途採用試験の特徴

 

公務員中途採用試験合格に求められるのは高い知識と豊富な経験力です。

 

試験を突破して見事公務員になるには効率の良い面接対策と勉強方法を把握することです。

 

また、民間企業から公務員中途採用試験に挑戦する人の環境は様々だと思います。

 

年齢は20代、30代、40代、50代、学歴は中卒、高卒、短大卒、大卒、院卒、前職は広告代理店、不動産業、ゼネコン、建築士と様々です。

 

民間時代の担当していた業務も、営業、人事、経理、企画など人それぞれです。

 

受験する試験区分も地方公務員であれば初級(Ⅲ類)、中級(Ⅱ類)、上級(Ⅰ類)に分かれ、国家公務員であれば総合職や一般職に採用区分が分かれます。

 

全く違う人生を歩んできた人が集まるのが公務員中途採用試験の特徴です。

 

国家公務員と地方公務員

 

公務員と言っても文部科学省や厚生労働省など中央官庁や地方局に勤める国家公務員と市役所や県庁で働く地方公務員の2つによって身分は分かれます。

 

中途採用試験も国家公務員と地方公務員は別々で実施されて、給料、福利厚生、仕事内容、出世なども変わってきます。

 

スケールの大きい仕事を求めるなら国家公務員。地域住民と密着して働きたいなら地方公務員がおすすめです。

 

給料は一般的に国家公務員より地方公務員の方が高い傾向があります。

 

事務職と技術職

 

公務員の職種は事務職と技術職に分かれます。国家公務員では事務官や技官(理系公務員)などと呼ぶこともあります。

 

一般的な公務員のイメージが強い、市役所や県庁で書類の手続きなどの事務処理をする行政職(事務職)です。

 

技術職は種類が豊富で、土木、農業、電子、電気、情報、機械、建築、化学、心理などがあります。

 

事務職試験に比べて技術職は初級、中級、上級問わず採用人数が少ないのが特徴です。

 

そのため技術職試験は年度によって倍率や難易度にバラつきがあり、運に左右される受験者も出てくるようです。

 

公務員中途採用試験難易度

 

公務員中途採用試験の倍率は他の公務員試験に比べて事務職・技術共に高い傾向があります。

 

難易度は高いと言えるでしょう。そのため、公務員試験に合格するにはできるだけ多くの勉強時間を確保する必要があります。

 

社会人として働きながら学習している人が受験者のほとんどだと思いますので、1日に勉強できる時間は限られていますが、それはライバルたちも同じことです。

 

中途採用試験のライバルに差をつけるためには同じことをしていてもダメです。

 

他の公務員受験者よりも充実した対策をすることが合格への近道なのです。

 

公務員の予備校を比較

 

公務員中途採用試験の受験者の多くは予備校や通信講座などで合格対策しています。

 

そんな中で独学で勉強するのは効率が悪く、他の受験者と差が広がってしまう可能性が高いです。

 

公務員試験に独学で挑戦する受験者の多くは「節約」「お金が勿体ない」などが理由のようです。

 

しかし、考えてみてください。あなたが時給1500円で、公務員試験対策に使う時間が500時間の場合75万円分の時間を使うことになります。

 

75万円あればほとんどの公務員講座を受講することができますし、公務員試験に不合格になれば、また同じ位の勉強時間を費やすことになります。

 

一見高いように思える公務員予備校も時間と効果で考えてみると安いのです。

 

独学で公務員中途採用試験挑戦して、失敗して不合格になる人の多くは公務員試験に落ちた後に「通信講座を受講しておけば良かった」と後悔するようです。

 

一発で公務員試験に合格を狙うのであれば、独学よりも公務員の通信講座などを受講する方が得策だと思います。

 

公務員講座の選び方

 

公務員講座は試験対策の効果は高いですが、高額なお金を費やすことになるのでじっくり選ぶ必要があります。

 

公務員講座によって合否を分けるかもしれない重大な決断になる可能性もありますので、できるだけ多くの公務員講座を比較することをおすすめします。

 

簡単な比較方法としては、公務員講座を扱っている学校に資料請求することです。

 

多くの公務員講座の資料を見ることによって自分のプランに合った公務員講座を見つけることができます。

 

資料請求は全て無料になりますので、気軽に請求してみてください!

警察官対策/予備校一覧/中途面接攻略

スポンサードリンク


超人気教材

<スポンサードリンク>