公務員中途採用ニート・無職

浪人で公務員中途試験合格を目指す

公務員中途採用試験は倍率が高く、難易度が高いため2~3年間公務員浪人して合格を目指す人も多いようです。

 

自治体や省庁によって倍率は異なりますが、200倍以上の競争率の試験も中にはあります。

 

中途採用試験の受験者はほとんど民間企業で働きながら公務員試験対策している人だと思います。

 

ニートや無職・アルバイト・フリーターでも受験できるのか?という質問を受けることがありますが、採用試験の自治体によって民間企業の勤務年数を受験資格にしているケースもありますので、ご確認ください。

 

受験資格を満たしていれば、ニートや無職でも公務員中途採用試験に合格することは可能です。

 

中途採用試験向けの通信講座

 

公務員試験対策で肝心になるのは勉強効率や面接対策ノウハウだと思います。

 

中途採用試験の難易度を見れば分かると思いますが、半端な気持ちで合格できるほど簡単な試験ではありません。

 

少しでも気を抜いた試験対策をすれば容赦なく試験に落とされ失敗する派目になるでしょう。

 

できる限りのことを尽くたとしても合格できる保証は無く、数年間公務員浪人して合格するのが当たり前の試験です。

 

場合によっては受験資格を満たしている間に結局合格できなかった人も多いようです。

 

公務員になりたい、安定した暮らしや収入を求めて転職する人にとって生活が懸かった試験でもあると思います。

 

働きながら中途公務員を目指す場合におすすめなのが予備校に直接通うよりも公務員通信講座を利用することです。

 

理由はサラリーマンが働きながら公務員試験にチャレンジする場合、働きながら勉強することになるので、少しの時間も無駄にはできません。

 

正直な話、疲れている状態で公務員予備校に通学する生活は過酷で長く続かないことが多いのです。

 

それに比べて通信講座であれば、通学に必要はありませんので、自宅で専門家が作ったオリジナルテキストやWEBやDVDで講義を聴けることができるため忙しい人には持って来いの内容になっています。

 

40代公務員中途採用へ進む

 

公務員中途採用試験へ戻る

公務員浪人中途採用記事一覧

40代公務員中途採用

実は公務員中途採用試験の受験資格は40歳未満という年齢制限を設けているケースが多いのです。それは国家公務員と地方公務員(県職員・市職員)の両方に言えることです。では40代の男女のサラリーマン・OLは公務員への転職を諦めなくてはいけないのか?実は県庁などでは民間企業経験者採用枠を設けているケースがあっ...

≫続きを読む

 

年齢制限

公務員中途採用試験の年齢制限をテーマに紹介します。中途採用試験の受験資格は自治体や省庁によって様々です。ある自治体では30代前半までのケースもありますし、年齢制限の緩い市役所や県庁も場合は40代、50代でも受験資格が与えられています。実は民間企業から公務員への転職願望が強い人で、公務員の年齢制限は意...

≫続きを読む

 

コネ

公務員中途試験のコネ採用をテーマに紹介します。一昔前まで中核市・政令都市レベルの採用試験でもコネでの採用が実施されているという噂を聞きましたが、最近ではほとんど聞かなくなりました。特に県庁や中央官庁など大規模な組織になると縁故での採用はほとんどないようです。しかし、中途採用試験はそもそもの募集人数が...

≫続きを読む

 

再チャレンジ公務員試験

公務員再チャレンジ試験をテーマに紹介します。最近では民間転職者向けの国家公務員再チャレンジ試験の名称が変更され社会人職務経験者採用などと呼ばれるようになりました。従来の再チャレンジ公務員試験と一体何が異なるのでしょうか?一般的に試験名称だけで内容自体はほとんど従来の再チャレンジ試験と変わりはないよう...

≫続きを読む

 
警察官対策/予備校一覧/中途面接攻略

スポンサードリンク


超人気教材

<スポンサードリンク>