大卒・短大専門卒・高卒程度

公務員の程度の意味は?

大卒程度

 

公務員試験において大卒程度試験を表す名称として、上級・Ⅰ類・Ⅰ種などがあります。

 

分類方法は自治体や省庁によって異なります。

 

例えば、国家公務員の大卒程度試験場合、平成24年度以前は国家Ⅰ種と呼ばれていました。

 

それが平成24年度試験からは総合職や大卒一般職などの名称に変更されたのです。

 

公務員試験における大卒程度は大学卒業や卒業見込みを必ずしも表しているのではなく、試験レベルの目安としている自治体が多いです。

 

つまり、短大・専門卒や見込又は高卒又は見込の人でもチャレンジできるケースもあるのです。

 

現に高卒でも地方上級公務員試験に合格している人はいます。

 

短大・専門卒程度

 

公務員試験において短大又は専門卒試験を表す名称として、中級・Ⅱ類・Ⅱ種などがあります。

 

自治体によっては大卒程度と高卒程度試験のみの採用枠ケースがあり、中級公務員試験を実施していない自治体は多いです。

 

そのため実施されても採用枠が少なく高倍率になることも多いです。

 

高卒・大卒でも地方中級試験に基本的に挑戦することができます。

 

高卒程度

 

高卒程度公務員試験は初級・Ⅲ類・Ⅲ種などの名称に分類されます。

 

一昔前での国家公務員Ⅲ種試験では大学卒業者も受験できたようですが、現在では基本的に高卒程度試験では大卒又は見込者は試験を受けることができません。

 

一般的に短大卒程度の中級公務員試験に比べて採用枠が多いメリットがあります。

 

また地方初級公務員の場合ですと、学歴による出世スピードなどは明確には変わりません。

 

そのため地方初級公務員は近年、優秀な高校生の就職先として人気です。

 

最近では県庁・政令都市の行政職試験の受験者で国立大学に合格できるレベルの学生もたくさんいるようです。

 

公務員中途採用試験へ進む

 

公務員の人事異動へ戻る

警察官対策/予備校一覧/中途面接攻略

スポンサードリンク


超人気教材

<スポンサードリンク>