国家公務員再チャレンジ試験

公務員再チャレンジ試験をテーマに紹介します。

 

最近では民間転職者向けの国家公務員再チャレンジ試験の名称が変更され社会人職務経験者採用などと呼ばれるようになりました。

 

従来の再チャレンジ公務員試験と一体何が異なるのでしょうか?

 

一般的に試験名称だけで内容自体はほとんど従来の再チャレンジ試験と変わりはないようです。

 

しかし、受験資格、募集人数・職種、試験内容は年度によって異なる可能性が高いので、毎年最新情報を得ることをおすすめします。

 

再チャレンジ試験の名称が廃止されたのは実はつい2、3年前で最近のことです。

 

再チャレンジ試験では職歴無の無職・ニートでも挑戦できるケースもあり、人生逆転のチャンスがある就職試験でもあるのです。

 

また、民間企業で働くサラリーマン組も公務員の安定性、年収、世間体などを考慮して転職を目指す人も多いようです。

 

非常に就職したい人が多いので、募集人数は毎年若干名などごくわずかです。競争率100倍を超える試験もありますので、一発合格するのは至難の業と言えるでしょう。

 

できるだけ早い段階で公務員試験に合格するには他のライバルに差をつける試験対策をする必要があります。

 

効率性を考えると独学より公務員専門の予備校や通信教育の方がメリットが大きく、将来の就職の投資と考えて利用するのも1つの手です!

警察官対策/予備校一覧/中途面接攻略

スポンサードリンク


超人気教材

<スポンサードリンク>