公務員中途採用 大卒

大卒中途公務員をテーマに紹介します。

 

大卒公務員試験の種類は国家公務員(総合職・一般職)、地方公務員試験(市役所・県庁)など様々な採用試験が実施されています。

 

地方公務員の警察官、消防士の場合は市役所職員や県庁職員とは異なり、民間経験者を対象として中途採用試験は実施されていません。

 

県庁職員などの社会人枠であれば40代、50代でも受験することは可能ですが、警察官や消防士に40代、50代で受験できる自治体はほとんどないはずです。警察官など公安系の公務員試験の場合は30代前半くらいが年齢制限の平均値だと考えておくといいと思います。

 

大卒程度の中途公務員採用の場合、民間企業で養った高度な経験値・能力を求められることがありますので、求める人材像の確認は必ずするべきだと思います。自治体によって語学力のレベルなど具体的な資格や能力値を提示しているケースもあります。

 

国家公務員の中途採用の場合、大卒レベルの採用試験では倍率100倍以上も珍しくありません。

 

また、課長補佐級・主任級など採用後の階級を選べる試験体制になっています。当然階級の高い中途採用試験は倍率も高く難易度の高い傾向があります。

 

大卒中途公務員試験に一発で合格するには長期での対策と要点を絞った中途採用向けの試験対策が必要になります。

 

特に経験者論文など一般の公務員試験には出題されない科目もありますので、事前対策が重要になってきます。

 

効率性を重視するのであれば、公務員予備校や通信講座を受講するのも1つの手だと思います。

警察官対策/予備校一覧/中途面接攻略

スポンサードリンク


超人気教材

<スポンサードリンク>