中途採用試験の手順や流れ

公務員中途の合格・採用までの流れ

公務員中途試験の採用までの流れ・手順を説明していきます。

 

中途公務員になるには

 

公務員中途試験に採用されるまでの主な手順は下記の通りです。

 

  1. 中途募集をしている自治体・省庁を探す
  2.  

    中途募集は全ての自治体・省庁で行われている訳ではありません。また、昨年度は実施されたのに、今年は募集無しなどはよくあることです。確実に採用公式ホームページで試験実施の有無を確認しておきましょう。

     

  3. 自分が受験資格を満たしているか確認
  4.  

    中途採用試験は年齢制限が緩いケース・厳しいケースがあります。60歳未満を年齢制限としている自治体もあれば、40代前半までしか受験できない自治体はたくさんあります。また、民間企業での職務経験年数も受験資格の1つにしている自治体・省庁もありますので、ご確認を。

     

  5. 採用パンフレットを手に入れる
  6.  

    自分の第一志望先の採用パンフレットは情報を把握するためにも是非手に入れておきたいところです。2次試験の面接対策に役に立つ内容が記載されていることもありますので、要チェックです!

     

  7. 試験の日程を確認
  8.  

    試験日程を意外と確実な情報を得ていない方が多いような気がします。個人運営している公務員サイトでは、情報が古い可能性がありますので、必ず採用公式ホームページで確認しましょう。

     

  9. 申し込み
  10.  

    インターネット、郵送、持参など方法は様々ですが、確実に期限に余裕を持って提出しましょう。

     

  11. 1次試験
  12.  

    筆記試験が中心になります。公務員試験の対策の9割以上は一次試験対策に費やす方がほとんどです。

     

  13. 2次試験
  14.  

    人物試験が中心になります。近年、公務員採用は人物重視の傾向がありますので、前もって十分な対策をしておくことをおすすめします。

     

  15. *3次試験
  16.  

    実施される自治体・省庁とされない試験があります。

     

  17. 採用候補者名簿
  18.  

    最終合格おめでとうございます。しかし、これで採用が決定した訳ではないので油断はできません。名簿の成績順に採用を決定していきますので、下位合格の方は採用が見送りになる可能性があります。

     

  19. 採用(転職成功)
  20.  

    4月又は10月採用が多いようです。

     

警察官対策/予備校一覧/中途面接攻略

スポンサードリンク


超人気教材

<スポンサードリンク>